キャッシュフローゲーム

良質な資産を築くには? キャッシュフローゲームでトレーニング!

更新日:

Pocket

資産とは?

資産とは

 

さて、一言に資産」と言われたら、皆さんは何を頭の中に思い浮かべますか?

私の頭の中には、下記のようなものが浮かんできました。

 

・現金

・土地

・不動産

・株や債券、投資信託などの金融商品

 

ちなみに、Wikipediaにはこんな風に書かれています。

 

会社に帰属し、貨幣を尺度とする評価が可能で、かつ将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値のことをいう。

広義では、経済主体(家計、企業、政府)に帰属する金銭・土地・建物・証券などの経済的価値の総称のことをいい、一般的用法ではこの意味で用いられる。

 Wikipedia「資産」のページから抜粋

 

Wikipediaでは、2つの捉え方があると紹介されていますが、皆さんはどちらの意味を「資産」だと捉えていますか?

 

私の中では、「資産」とは2行目の「経済的価値の総称」だと捉えていました。

 

「大きな家を持っていれば、必要に応じて売却することで現金が手に入る」と考えたり、

「株や債券を安い時期に買っていれば、高値で売って売却益を得られる」と考えた事もあります。

 

では、一度立ち止まって正しく「資産」とは何かをもう一度考えてみましょう。

私は、1行目の「将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値」という部分であると思います。

噛み砕くと「自分で持っていて、現金に変えることができ、なおかつ利益を生むもの」ということが書かれています。

 

良質な資産とは?

一番最初に挙げた土地、不動産や金融商品といったものは、利益を生むことを手伝ってくれるものです。

しかし、全てが「良質な資産」なのでしょうか?

 

答えはノーです。

 

例えば、株価は常に上下しているため、場合によっては売却時の利益より損失のほうが多くなる場合があります。

損失を与えてしまった場合、それは「良質な資産」ではなくなってしまいます。

 

また、ある人は貯金をして資産形成をしているかもしれませんが、銀行がつぶれた場合などはどうでしょう?
(ペイオフはここでは考えません)

貯金していたお金がなくなってしまうので、この場合も「良質な資産」ではなくなります。

 

キャッシュフローゲームでは、どのように「良質な資産」を判別すればよいか、そのスキルを身に着けることができます。

また、資産を作り上げる過程において、どのような順番で資産を作ると崩れにくいのか?

というテクニックも学ぶことができます。

 

そして、一番の利点はこれが「ゲームであること」

つまり失敗してもリスクがないことです。

 

投資を考えている方、「良質な資産」を形成したいと思っている方は、ぜひゲーム会に足を運んでみてください。

様々な「気付き」を得ることができると思います。

 

皆さんにゲーム会でお会いすることを、楽しみにしております!

 

キャッシュフローゲーム_お申込み

Pocket

-キャッシュフローゲーム

Copyright© 本気で学ぶ!東京で実績・ダントツ No.1 キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.