キャッシュフローゲーム

キャッシュフローゲームでお金の勉強をすることがなぜ良いのか?

更新日:

Pocket

キャッシュフローゲームは遊ぶためのボードゲームではなく、お金の勉強をするための「教材」として扱われます。

 

「お金の勉強」と言われると一歩引いてしまうのが日本人の特徴とされていますが、近年ではお金の勉強なくしていわゆる「普通」の生活を送ることすら難しい世の中へと変わってきています。

 

そこで本記事では

①なぜお金の勉強をするのが良いのか?

②そしてなぜお金の勉強を始めるにあたってキャッシュフローゲームが良いのか?

について説明していきます。

なぜお金の勉強をする必要があるのか?

日本は「金融・経済」の教育制度が整っていない

日本人は欧米各国の人々と比べるとかなりお金の知識(金融リテラシー)が不足していると言われています。

 

金持ちは悪」「お金の話には気を付けろ」「子供の前でお金の話はするな」など

 

基本的にはネガティブなイメージとして捉えられることが多いです。

 

これは教育による部分が大きく、実際に日本の小学校・中学校の義務教育では金融・経済教育に関する教育がほぼ行われていないのです。

 

要するに、

お金の教養がないまま大人になるということです。

 

分からないものに恐怖を抱くのが人間ですのでネガティブなイメージになって当然と言えます。

 

その一方で、資本主義の世の中においてお金は切っても切れない関係です。

つまりはお金を増やしたい、生活を変えたいと思うのならば、

お金について知る」ことは必要不可欠なのです。

 

しかし、これまで経済・金融の教育を受けていないため、どのようにして「お金」の勉強をしたら良いかすら分からない人が多いのです。

学歴・資格のアドバンテージはほとんどない

「良い大学に進学して良い会社に入る」

「国家資格を取れば仕事に困らない」

こう思われる方も多いですが、それは「過去の話」であると思っています。

 

・優秀な大学を出て、一流企業に入れば高収入で安泰な生活を送れる

・国家資格さえあれば一緒仕事に困らない

 

本当にそうでしょうか?

・大手企業も業績不振で実質リストラを行うようになってきた

・増えない給料、増える税金

・IT技術が進み経済サイクルが早くなったことから業界ごと企業が衰退する恐れがある

・人口減少により国内マーケットが全体的に縮小している  etc・・・

こう考えると近い未来にそんな時代が終わりを迎えることは推測できませんか?

 

つまり一流企業であるかどうかが問題なのではなく、1つの収入だけで人生設計を組むこと自体がリスクになってきているということです。

 

資格に関しても同様です。

資格自体もすでにコモディティ化が進んで価値が下がってしまっています。

人気の資格であればなおさらです。

 

学歴や資格だけで大手企業へ入社して後は安心、なんて考えは10年後にとうになくなっている可能性は十分あると思います。

ヒトが抱える人生の悩みの大半が「お金」に直結する

キャッシュフローゲームでトレーニング2

人間の悩みは総じて「お金」「時間」「健康」「人間関係」であると思います。

そしてこれらは密接に連携し合っています。

 

「健康」を損ねたら「時間」「お金」を失うこともあるし、「時間」を失えば「人間関係」を失うことだってあります。

「お金」を失う時は残りの3つすべてに影響をきたしますが、逆を言えば「お金」があれば残りの悩みすべてを解決することにも繋がります。

 

ここでは別にお金持ちになれ、というわけではありません。

 

周りの人間関係を含め、自分がどんなライフスタイルを送りたいか?どんな人生を歩みたいか?

こう考えた時、実現するためには誰しも「最低限必要となるお金」は出てくるということなのです。

 

それを実現することができないのならば、お金の勉強をしていく必要がどうしてもでてきます。

なぜお金の勉強を始めるのにキャッシュフローゲームが良いのか?

キャッシュフローゲームでは失敗からどんどん学ぶことができる

キャッシュフローゲーム攻略法2

ゲーム中では株式投資、ムダ使い、ビジネスの立ち上げなど、日々の生活に密接するお金のイベントが沢山含まれています。

その上キャッシュフローゲームで設定されている数字は”かなりリアルな値”です。

より現実に近しい数字設定となっており、たとえゲームといえどもまぐれで成果が出せるような要素はありません。

 

つまり、

きちんとお金の動かし方を学ぶことができなければ、ゲーム上でも貧乏父さんでゲームを終えるということです。

 

現実世界でいざ行動しよう!と思って金持ち父さんを目指して資産を増やそうとしても、中々怖くてできなかったりしますよね。

 

ことお金になると失敗を恐れて行動も経験しようともしないのが人間です。

これは仕方のないことだとも思います。

 

だからこそまずはゲームの中で学ぶのです。

 

ゲーム上でならいくら失敗しても構いません。

たくさんの失敗の中からお金について学ぶことができます。

 

他のボードゲームと違い、設定されている数字はよりリアルな値ですので1回1回の学びも深く大きいのです。

楽しみながらお金の正しい流れを学ぶことができる

ビジネスヒント

お金を増やしたいと考えるのならば「正しいお金の流れ」を学ぶ必要があります。

それは現実でも実際にビジネスをしたり、会社を運営してみたりしないと体験できない難しいことです。

キャッシュフローゲームの中では「財務諸表」に実際に記入していきながらお金の流れも疑似的に体感することができます。

(財務諸表の書き方について詳しくはこちら)

 

キャッシュフローゲームを何回もプレイしていけば、誰でも正しいお金の流れを理解することができます。

そしてゲームで学んだお金の流れが現実世界でのご自身のお金の流れを比べてみてください。

改善点が多々見つかることかと思います。

 

10回以上プレイしていけば、「資産」とはどういうものか?「キャッシュフロー」はどのようにして生み出していくのか?

そのような考え方を肌で体感し、頭の中でも認識できるようになっているはずです。

キャッシュフローゲームはお金の勉強し始めるには最適なボードゲーム

キャッシュフローゲーム会の開催風景

これまでお金の教育を受けていなかったからといって、

何も行動しなければ現状維持のままであることは間違いありません。

 

もし、何か変えたいと思われるのならばこれまでとは違う行動を取る必要がどうしても出てくると思います。

 

お金の勉強もこれまでしてこなかったことの1つのはずです。

この記事を読んだとはいえ、自分の目で見て感じないことには何も始まらないと思います。

 

何かを変えるにはまずは1歩踏み出すことが非常に大切だということです。

ぜひ一度ご自身でこのキャッシュフローゲームを体感してみてほしいと思います。

キャッシュフローゲーム_お申込み

Pocket

-キャッシュフローゲーム

Copyright© 本気で学ぶ!東京で実績・ダントツ No.1 キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.